流量計とシステムソリューションのオーバル

SUSTAINABILITY

環境活動への取り組み

オーバルは2005年より地球環境問題を社会的責任と捉えて改善活動を推進して来ましたが、次世代以降にも豊かな環境を継承し、持続可能な発展に貢献し続けられる様、努力して参ります。
この意思を事業活動にて「形」として行く為、直接貢献として「環境に配慮した製品開発」、間接貢献として「製品を通して環境負荷を削減する」活動を、全社員が使命感を持って実施して参ります。

TCFDに基づく情報開示

持続性のある経営体制の実現のために、TCFDの提言に従ったシナリオ分析を実施する。これにより組織が抱えるリスクと機会をいち早く認識し、早期の課題解決を可能にする。

項目 対応状況
ガバナンス 環境経営の推進体制において、取締役・執行役員などで構成するマネジメントシステム会議を設置している。同会議は、中長期的な課題の検討や方針の策定、気候変動による事業リスク・機会の共有や対策を議論している。
戦略 蓄積した技術と経験で、脱炭素社会の構築と代替エネルギーサプライチェーンに関連する商品・サービスの開発・提供に積極的に投資・推進。
リスク管理 コンプライアンス委員会および経営企画室主導のもと、内部統制と一体化した全社的なリスク管理体制を構築、整備。気候変動に係るリスクについては、ISOマネジメントシステムに則り、運用・評価。
指標・目標 ①水素、アンモニア計測向け製品の売上高を2025年3月期末までに2021年3月期比100%増とする。
②自社が排出するCO2量を2025年3月期末までに2021年3月期比20%減とする。
サステナビリティトップに戻る