流量計とシステムソリューションのオーバル

SUSTAINABILITY

情報セキュリティへの取り組み

株式会社オーバルは、全ての業務に関連するあらゆる情報の管理を強化する為の基本方針として「情報セキュリティ方針」を定め、日々移り変わる脅威から保護・対策するとともに、情報セキュリティ対策を全社一丸となって徹底していきます。

情報セキュリティ方針

  • すべての情報資産を保護するために適切な管理体制を構築して、顧客信頼度の向上を図る
  • 情報セキュリティ意識向上の教育を行い、情報セキュリティマネジメントシステムの継続的な改善を推進する。

管理体制

「情報資産」の保護及び適切な管理を実施する為、各組織に情報資産管理者を配置し、リスクアセスメントにより情報資産のリスクを正確に把握、必要な対策を実施します。
また、「情報セキュリティ委員会」を設置し、重点項目を定めると共に、計画的なリスク低減活動を実施します。

ルールの整備

情報セキュリティ方針の下、当社従業員が守るべきルールを制定し、機密情報の取り扱い、PC、スマートフォンなどのIT機器やネットワークの利用方法を規定しており、また、立ち入り制限区域や入退室の管理等のルールを整備し、情報漏洩の防止対策を行います。

情報セキュリティ教育

情報セキュリティは、従業員の高い意識が重要となることから、従業員を対象とした教育を年1回以上実施し、情報セキュリティ意識の向上とルールの徹底を行います。また、それに付随し、時事的な訓練を実施、情報セキュリティの啓蒙活動を実施します。

機器のセキュリティ対策

当社の保有するPCにはウイルス対策ソフトを導入し、持出機器の暗号化、ログイン認証等の対策を実施しています。PCのセキュリティ対策状況は全社的に監視を実施し、対策漏れを防止しています。

監査

業務の遂行において、情報セキュリティが有効に機能しているかを検証する為、定期的に内部監査を実施し、情報セキュリティを維持し、継続的な改善を実施します。

サスティナビリティトップに戻る