超音波流量計

TOPページ製品案内TOP流量計TOP超音波流量計>Psonic-S1

測定原理による流量計の分類
流量計一覧 │ 液体用流量計一覧 │ 気体用流量計一覧 │ 蒸気用流量計一覧

Psonic-S1/クランプオン式

Psonic-1(標準形)

概 要

配管の外側に検出器を設置して超音波を入射するクランプオン式の超音波流量計です。

特 長

設置作業が容易で、作業費も低コスト

小形、軽量な設計で設置が容易

専用のPC通信ソフトで、流量計の設定が容易

安価ながら、上位機種と同等の機能を実現

主な仕様
適用流体

超音波が伝搬する均一液体
(上水、下水、工業用水、河川水、海水、純水など)
濁度:10000mg/L(度)以下 ※1

流体温度範囲 -20 ~ +60℃(検出器周囲温度も同等)
呼び径 25mm ~ 600mm
配管材質

鋼管、SUS管、塩ビ管、ダクタイル鋳鉄管、銅管など

超音波を安定して透過する材質の管 ※2、3

流速計測範囲 0 ~ ±10m/s
測線数 1測線
測定方式 超音波パルス伝搬時間差方式

 工場
 校正
 精度

25mm ~ 40mm 表す量の±2.5% (ただし流速 1m/s 未満の場合、±0.025m/s) ※4、5
50mm ~ 90mm 表す量の±2.0% (ただし流速 1m/s 未満の場合、±0.020m/s)
100mm ~ 250mm 表す量の±1.5% (ただし流速 1m/s 未満の場合、±0.015m/s)
300mm ~ 600mm 表す量の±1.0% (ただし流速 1m/s 未満の場合、±0.010m/s)

※1:気泡を含まないこと。また、水以外の流体の場合は弊社までお問い合わせください。
※2:配管の材質や状態によっては適用口径を満たせない場合があります。
※3:ライニング管の場合は、ライニングが原管に密着していることが必要です。
  (ライニング材質は、タールエポキシ、モルタルなど)
※4:体積流量計測時の仕様です。
※5:液体が満管かつ理想的な流速分布であることが必要です。

一般仕様書・カタログ一覧ページへ
計測原理のページへ
本製品に関するお問い合わせ