TOPページ技術情報TOP一般資料>防爆記号の説明表

防爆記号の説明

構造規格による防爆 │ 技術的基準による防爆

1.構造規格による防爆

表示例の説明 d3aG4
防爆構造の種類が耐圧防爆で、水性ガス、水素を含む発火温度135℃を超え200℃以下のガスに適用します。
※d3aクラスの防爆は俗に水素防爆と言います。


爆発性ガスの爆発等級、発火度および主要な危険性

物質名 爆発等級 発火度 発火温度
引火点
爆発限界組成 蒸気密度
(空気=1)
下限
vo1%
上限
vo1%
アクリル酸エチル 1 G2 350 9 1.7 3.45
アクリル酸メチル 1 G2 415 −3 2.4 25 2.97
アクリロニトリル 1 G1 480 −5 2.8 28 1.83
亜硫酸エチル 1 G6 90 −35 3.0 50 2.59
アセチルアセトン 1 G2 340 34 1.7 3.45
アセチレン 3 G2 305 ガス 1.5 100 0.90
アセトアルデヒド 1 G4 140 −37.8 4.0 57 1.52
アセトニトリル 1 G1 525 2 3.0 1.42
アセトン 1 G1 540 <−20 2.5 13 2.00
アンモニア 1 G1 630 ガス 15.0 28 0.59
イソオクタン 1 G2 410 −12 1.0 6 3.94
イソブタノール 1 G2 430 27 1.7
2.55
イソブチルメチルケトン 1 G1 475 14 1.2 8.0 3.46
イソプレン 2 G3 220 −53.9 1.0 9.7 2.35
イソペンタン 1 G2 420 <−51.1 1.3 7.6 2.49
一酸化炭素 1 G1 605 ガス 12.5 74 0.97
エタノール 1 G2 425 12 3.5 19 1.59
エタン 1 G1 515 ガス 3.0 15.5 1.04
(ジ)エチルエーテル 1 G4 170 −45 1.7 36 2.55
エチルメチルケトン 1 G1 505 −1 1.8 11.5 2.48
エチレン 2 G2 425 ガス 2.7 34 0.97
エチレンオキシド 2 G2 440 ガス 3.0 100 1.52
エピクロロヒドリン 1 G2 385 28 2.3 34.4 3.29
塩化イソプロピル 1 G1 590 −32.2 2.8 10.7 2.71
塩化ビニル 1 G2 415 ガス 3.8 29.3 2.16
塩化ブチル 1 G3 245 −12 1.8 10.1 3.20
オクタン 1 G3 210 12 0.8 6.5 3.94
o -キシレン 1 G1 465 30 1.0 7.6 3.66
m - キシレン 1 G1 525 25 1.1 7.0 3.66
p - キシレン 1 G1 525 25 1.1 7.0 3.66
クロロベンゼン 1 G1 590 28 1.3 11.0 3.88
酢酸 1 G1 485 40 4.0 17 2.07
酢酸イソベンチル 1 G2 380 25 1 10 4.49
酢酸エチル 1 G1 460 −4 2.1 11.5 3.04
酢酸ビニル 1 G2 385 −8 2.6 13.4 2.98
酢酸ブチル 1 G2 370 22 1.2 7.5 4.01
酢酸プロピル 1 G2 430 10 1.7 8.0 3.52
酢酸ベンチル 1 G2 375 37 1.0 4.49
酢酸メチル 1 G1 475 −10 3.1 16 2.56
シアン化水素 1 G1 535 <−20 5.4 46.6 0.93
シクロヘキサノン 1 G2 430 43 1.3 9.4 3.38
シクロヘキサン 1 G3 260 −18 1.2 8.3 2.90
臭化エチル 1 G1 510 <−20 6.7 11.3 3.76
ジイソプロピルエーテル 1 G2 405 −27.8 1.4 21 3.53
1.4−ジオキサン 1 G2 375 11 1.9 22.5 3.03
1.2−ジクロロエタン 1 G2 440 13 6.2 16 3.42
1.1−ジクロロエチレン 1 G1 530 −10 5.6 16 3.35
(trans-)1.2−ジクロロエチレン 2 G1 460 6 9.7 12.8 3.35
ジプチルエーテル 1 G4 175 25 0.9 8.5 4.48
ジメチルエーテル 1 G3 240 ガス 3.0 27 1.59
硝酸エチル 3 G6 85 10 3.8 3.14
水素 3 G1 560 ガス 4.0 75.6 0.07
スチレン 1 G1 490 32 1.1 8.0 3.59
チオフエン 1 G2 395 −9 1.5 12.5 2.90
テトラヒドロフラン 1 G3 230 −20 2.0 12.4 2.49
デカン 1 G3 205 46 0.7 5.4 4.90
1.2.4-トリメチルベンゼン 1 G1 485 50 1.1 7.0 4.15
トルエン 1 G1 535 6 1.2 7.0 3.18
二硫化炭素 3 G5 102 −30 1.0 60 2.64
1.3-ブタジエン 2 G2 415 ガス 1.1 12.5 1.87
フラン 1 G2 390 <−20 2.3 14.3 2.35
1-ブタノール 1 G2 340 29 1.4 11.3
2.55
ブタン 1 G2 365 ガス 1.5 8.5 2.05
ブチルアルデヒド 1 G3 230 −6.7 1.4 12.5 2.48
2-プロパノール 1 G2 425 12 2.0 12 2.07
プロパン 1 G1 470 ガス 2.1 9.5 1.56
プロピレン 1 G2 410 ガス 2.0 11.7 1.49
プロピレンオキシド 2 G2 430 −37.2 1.9 24 2.00
1-ヘキサノール 1 G3 290 63 1.3 3.53
ヘキサン 1 G3 240 −21.7 1.2 7.4 2.79
ヘプタン 1 G3 215 −4 1.1 6.7 3.46
ベンゼン 1 G1 555 −11 1.2 8.0 2.70
ベンゾトリフルオリド 1 G1 620 12 5.04
1-ペンタノール 1 G3 300 32.8 1.2 11 3.04
ベンタン 1 G3 285 <−40 1.4 7.8 2.49
無水酢酸 1 G2 330 49 2.0 10.2 3.52
メタクリル酸メチル 1 G2 430 10 2.1 12.5 3.45
メタノール 1 G1 455 11 5.5 44 1.10
メタン 1 G1 595 ガス 5.0 15.0 0.55
2-メチルヘキサン 1 G3 280 <0 2.1 13 3.46
3-メチルヘキサン 1 G3 280 <0 3.46
硫化水素 2 G3 270 ガス 4.3 45.5 1.19
ガソリン 1 G3 〜260〜 <−20 1 7 3〜4
水性ガス 3 G1 〜600〜 ガス 6 72 0.6〜0.7
石炭ガス 2 G1 〜560〜 ガス 4 40 0.5〜0.6

(JIS C0903より)

2. 技術的基準による防爆

表示例の説明
Exdia Ⅱ BT4
防爆構造の種類が耐圧防爆と本質安全防爆で組み合わされていて(組合せ防爆)、
エチレン等のガスに適用(分類B)、機器の最高表面温度が135℃以下。


(参考)
スマートタイプEXデルタの耐圧防爆記号の例
Exd Ⅱ B+H2T4
分類Bのガスの他、特に水素ガスに対しても防爆性能があると認定された記号です。

構造規格による防爆 │ 技術的基準による防爆