熱式質量流量計

TOPページ製品案内TOP流量計TOP>熱式質量流量計

測定原理による流量計の分類
流量計一覧 │ 液体用流量計一覧 │ 気体用流量計一覧 │ 蒸気用流量計一覧

熱式質量流量計は、2本のシースパイプ形のセンサを使用し、それぞれが流速センサと温度センサの役割を持っています。流速センサを周囲温度と一定の温度差になるよう制御(加熱)します。流体が流れ流量センサから奪われる熱量は、質量流量と相関があるため、奪われた熱量を補うために流量センサへ加えられる電力量から質量流量を算出することができます。流量レンジが広く、温圧補正なしに直接質量流量を計測できる特長があり、省エネ達成のための管理用流量計として多くの実績があります。

熱式質量流量計ラインナップ

流体区分





※1





 
※2






※3






※4






 






 











廉価形・省エネ管理用/

マスフローモニタ

           

廉価形・都市ガス計測対応/

高精度形マスフローモニタ

           

挿入・インライン・ポータブル形/

気体用マスフローメータ

         

マスフローメータ/コントローラ(汎用形)

MASFLO-OVAL II(FHA、FHB)
   
*4
     

マスフローメータ/コントローラ(防爆形)

MASFLO-OVAL II(FHC、FHD)
   
*4
   

※1.±1%RD以内  ※2.1.5mL/minまたは0.1L/min(normal)以下  ※3.200℃以上
※4.30MPa以上  ※5.95MPa以上

一般仕様書・カタログ一覧ページへ
本製品に関するお問い合わせ