校正事業

TOPページ製品案内TOP校正事業TOP>校正業務のご案内

校正Q&A │ 不確かさ入門 │ 校正技術のご紹介

校正技術のご紹介

JCSS校正

 

当社は、2006年9月に計量法校正事業者登録制度に基づく登録を取得しました。計量法校正事業登録制度(JCSS)は、計量法に基づく校正事業者登録制度で、計量法関連法規及び ISO/IEC17025(JIS Q 17025)の要求事項に基づいて校正を実施する技術能力を校正事業者が持っていることを、独立行政法人 製品評価技術基盤機構理事長名で登録する制度です。
JCSSは、校正機関の技術能力の登録により、信頼性のある計測の国家計量標準へのトレーサビリティを確保することで、様々な試験・校正結果の信頼性を根幹から支えるという非常に重要な役割を担っています。


・校正対象機器及び校正能力については、カタログをご覧下さい。カタログは以下からダウンロードできます。

CAT.No.CAA080

流量標準器 Calduo GP(高精度ガス用容積式流量計)

 

多くの容積式の中で最も精度、実績共に定評のあるオーバル流量計を気体用高精度流量計に設計しました。
オーバル歯車には他のガス流量計に比較し気密性に優れ漏れが少なく、安定した精度を得る構造を有しています。そのため、校正用流量計として空気で校正したデータで他の気体を校正することが可能です。また、水素ガスや、混合ガスなどの測定も可能です。

・Calduo GPを組み込んだ評価試験装置「トレナビ」のカタログを用意しています。カタログは以下からダウンロードできます。

CAT.No.CJK001

 

上記以外にもJCSS以外の持込、出張校正も承ります。また、不確かさまでトータルコーディネートされた、流量試験システムの設計・製作にも対応いたしておりますので、校正でお困りの際や、校正設備自体の製作を御検討される場合には是非当社までご相談下さい。

 

お問い合わせはこちらから